ojihall


Concert  コンサート情報

銀座ぶらっとコンサート #157
Caféギンザ6

2021年428日(水) 13:30開演

全席指定 3,200

画像をクリックして拡大

加藤昌則(作曲/ピアノ)
長原幸太(ヴァイオリン)

協賛:株式会社ヨックモック

平日の昼下がり、銀座でのお買い物のついでに、お友達との銀ぶらの途中に立ち寄れる気軽なコンサート、『銀座ぶらっとコンサート』第157回は、作曲家・ピアニストの加藤昌則が店主を務める大人気、“カフェ・ギンザ”シリーズの6回目。今回のゲストはこの人しかあり得ません、読響コンサートマスター長原幸太が硬派と軟派の顔を…、じゃなく、ヴァイオリンを、お聴かせします!

 

>>「楓Vol.11」のインタビューを読む

プログラム

クライスラー:愛の喜び
モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ ホ短調 K304より 第2楽章
パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
サラサーテ:序奏とタランテラ Op.43
ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ ト短調より 第2楽章
サン=サーンス/ハイフェッツ編:「動物の謝肉祭」より 白鳥
ピアソラ:ル・グラン・タンゴ

プロフィール

加藤昌則(作曲/ピアノ)

作曲家・ピアニスト。東京藝術大学作曲科首席卒業、同大学大学院修了。作品はオペラ、管弦楽、声楽、合唱曲など幅広く、作品に新しい息吹を吹き込む創意あふれる編曲にも定評があり、多くのソリストに楽曲提供、共演ピアニストとしても評価が高い。王子ホール「銀座ぶらっとコンサート Caféシリーズ」(企画・ピアノ)、東京・春・音楽祭「ベンジャミン・ブリテンの世界」(企画・構成)など、独自の視点、切り口で企画する公演やクラシック講座などのプロデュース力にも注目を集めている。作品は2012年オペラ「白虎」(第11回佐川吉男音楽賞)、18年「Sixteen Montage」(セントラル愛知響委嘱作品)など。最新CDは「PIANO COLOURS」(エイベックス・クラシックス)。16年よりNHK-FM「鍵盤のつばさ」パーソナリティーを担当。19年4月長野市芸術館レジデント・プロデューサーに就任。NHK2020応援ソング「パプリカ」の合唱編曲を手掛けている。

ホームページ http://www.masanori-music.com/
公式Facebookページ https://www.facebook.com/masanorikato02/

長原幸太(ヴァイオリン)

広島出身。東京芸術大学附属音楽高等学校を経て東京芸術大学入学。在学中、全額スカラシップを受けジュリアード音楽院へ留学。国内の主要オーケストラ、小澤征爾、故・岩城宏之、秋山和慶、故・ゲルハルト・ボッセ等多くの名指揮者と共演。サイトウ・キネン、アルゲリッチ国際、宮崎国際、霧島国際、やまなみ国際、海外では、米国「アスペン音楽祭」、英国「湖水地方音楽祭」「ライディール音楽祭」「香港国際音楽祭」等、多くのリサイタル、コンチェルト、室内楽コンサートに出演。また、ドイツ・ハノーファーNDR放送交響楽団にソリストやゲスト・コンサートマスターとして招かれ好評を博す。これまでに、広島市長賞「広島フェニックス賞」、東京芸術大学の福島賞、大阪市「咲くやこの花賞」、「第21回新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞」など受賞多数。また、12年3月まで大阪フィルハーモニー交響楽団首席コンサートマスター、現在、読売日本交響楽団コンサートマスターを務めるほか、ソリスト、室内楽奏者として国内外で活躍中。各種セミナーの講師を務める等、後進の指導も行っている。