ojihall


Concert  コンサート情報

クリスマス・コンサート

G-Lounge #26
VOCES 8(ヴォーチェス・エイト)

2020年1222日(火) 14:00/19:00開演

全席指定 各5,000

VOCES8(アカペラ)

エレオノール・コッカーハム (ソプラノ)
アンドレア・ヘインズ(ソプラノ)
ケイティ・ジェフリー=ハリス(アルト)
バーナビー・スミス(カウンターテナー)
ブレイク・モーガン(テノール)
ユアン・ウィリアムソン(テノール)
クリストファー・ムーア (バリトン)
ジョナサン・ペイシー(バス)

定員の50%にするため2部制とし、14:00(追加公演) / 19:00公演の開催となります。また、出演者との距離を確保するため最前列は使用いたしません。2公演同一内容です。

卓越した歌唱力と洗練されたアレンジが織りなす絶品のパフォーマンスで聴衆を楽しませる、英国の名門聖歌隊出身者8名によるアカペラ・グループ“VOCES8(ヴォーチェス・エイト)”がおくるG-Loungeのクリスマス・コンサート第4弾。渋谷系など日本の新世代のアーバン・ポップスから時代を牽引したUKロックまで、ハイセンスなアレンジで繰り広げられるお洒落感満載のG-Loungeで一緒にスウィングしましょう。

プログラム

デューク・エリントン:スウィングしなけりゃ意味がない
ナット・キング・コール:ストレイテン・アップ・アンド・フライ・ライト
ピクタール:クリスマス・ララバイ
グルーバー:きよしこの夜
ビル・ウィザース:ラブリー・デイ

“TOKYO”(メドレー)
 I. 恋とマシンガン(フリッパーズ・ギター)
 II. Stay Tune (Suchmos)
 III. 接吻-Kiss(Original Love)
 IV. TOKYO GIRL(Perfume)
 V. 東京は夜の七時〜the night is still young〜(ピチカート・ファイブ)
 VI. 長く短い祭(椎名林檎)

Fix You (コールド・プレイ)
Wonderwall (オアシス)
Crazy Little Thing Called Love(クイーン)
スタイン:レット・イット・スノー
コーツ:サンタが街にやって来る

プロフィール
(c)Kaupo Kikkas

VOCES8(アカペラ)

VOCES8は透明な歌声、愉快なパフォーマンスの両面ともに、世界でもっとも刺激的で多才なヴォーカル・グループのひとつ。ロイヤル・フェスティバル・ホール、マリインスキー劇場コンサートホール、パリのシテ・ドゥ・ラ・ムジーク、北京のナショナル・パフォーミング・アーツ・センター(NCPA)などの主要な国際的ホールで演奏している。クラシックの合唱音楽を基盤としながらも、彼らのレパートリーはルネサンスのポリフォニーからユニークな編成のジャズやポップスまでと幅広い。国際的なテレビやラジオに定期的に登場。CDも数多く、デッカ・レコードよりリリースされた『Eventide』(夕暮れ)は、2014年2月の全英オフィシャル・チャートのクラシック部門で2週にわたって第1位を記録した。最新作は独自レーベルであるVOCE8 Recordsから20年7月にリリースされた『AFTER SILENCE』。『ヴォーチェス8ソング・ブック』や『VOCES8メソッド』など、アレンジ集や教材も出版している彼らは、楽譜出版社ペータースの大使に任命されている。