ojihall

Loading

Concert  コンサート情報

銀座ぶらっとコンサート #114
西山まりえの歴女楽 Vol.4
安土・桃山の美女~細川ガラシャ

2016年105日(水) 13:30開演

全席指定 2,800 

完売
2016年5月28日(土)

西山まりえ(バロック・ハープ/チェンバロ)
藤原道山(尺八)

協賛:株式会社ヨックモック

平日の昼下がり、銀座でのお買い物のついでに、お友達との銀ぶらの途中に立ち寄れる気軽なコンサート、『銀座ぶらっとコンサート』第114回は、クラシック音楽界きっての(?)歴女、西山まりえが歴史上のヒーロー、ヒロインの物語をチェンバロやハープで綴っていくシリーズの第4回。ゲストに尺八演奏家の藤原道山を迎えて、戦国時代の悲劇の姫、細川ガラシャの生涯に迫ります。

プログラム

アントニオ・デ・カベソン:「騎士の歌」によるディフェレンシァス(チェンバロ)
八橋検校/西山まりえ編:六段(ハープ)
藤原道山:空(尺八)
ジョヴァンニ・ピッキ:ハンガリーとポーランド風のバッロ(チェンバロ)
クラウディオ・モンテヴェルディ:「聖母マリアの夕べの祈り」より めでたし海の星 (ハープ)
ピエール・サンドラン/ディエゴ・オルティス編:甘き思い出(尺八・ハープ)
ダリオ・カステロ:ソナタ 第1番(尺八・チェンバロ)
クラウディオ・モンテヴェルディ:私の胸の奥にある苦悩は(ハープ)

プロフィール

西山まりえ(バロック・ハープ/チェンバロ)

チェンバロとヒストリカル・ハープ、2種の古楽器を自在に操る希有なプレーヤーとして世界的に知られ、数多くのコンサート、音楽祭や録音に参加。アンサンブル「アントネッロ」のメンバーとしても活躍。録音は「バッハ イタリア協奏曲&フランス風序曲」「スカルラッティ 鍵盤の魔術師」「バロック・ハープとの出会い」など多数、その多くが「レコード芸術」誌特選盤や朝日新聞推薦盤に選ばれるなど、高く評価されている。東京音楽大学卒、同大学研究科修了後、ミラノ市立音楽院、バーゼル・スコラカントールムに留学。第11回山梨古楽コンクール・チェンバロ部門第1位および栃木[蔵の街]音楽祭賞受賞。第23回同コンクール審査員。古楽ワークショップ「信州アーリー・ミュージック村」芸術監督。

Marie Nishiyama Official Website http://marienishiyama.com

藤原道三(尺八)

10歳より尺八を始め、人間国宝 山本邦山に師事。東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業。同大学大学院音楽研究科修了。2001年アルバム「UTA」でCDデビュー。以来、ウィーンにてレコーディングを行ったシュトイデ弦楽四重奏団との共演アルバム「FESTA」、ソロデビュー15周年記念ベストアルバム「道」他多数のアルバムをリリース。その他、松竹映画・山田洋次監督・木村拓哉主演『武士の一分』にゲスト・ミュージシャンとして音楽に参加、『ろくでなし啄木』(三谷幸喜作・演出)や『スーパー歌舞伎Ⅱ』(四代目市川猿之助)などの舞台音楽を手掛ける。現在、NHK「にほんごであそぼ」にレギュラー出演中。15年8月24日にはサントリーホールにて「15th Anniversaryコンサート」を開催した。

http://www.dozan.jp