ojihall

Loading

Concert  コンサート情報

モイツァ・エルトマン&グザヴィエ・ドゥ・メストレ

2014年422日(火) 19:00開演
全席指定 8,500円

完売
2014年1月25日(土)発売

(c)Marco Borggreve

モイツァ・エルトマン(ソプラノ)
グザヴィエ・ドゥ・メストレ(ハープ)

2012年6月、卓抜した表現力と軽やかな美声を可憐な容姿から発するミューズ、モイツァ・エルトマンは、日本初リサイタルで王子ホールの聴衆を見事に魅了しました。2度目の登場となる今回は、なんとハープ界の貴公子、メストレとのデュオ・コンサート。既に2人はヨーロッパで共演を重ね好評を得ており、いよいよ日本でのお披露目です。一幅の絵の如し、夢の世界へ。

プログラム

R. シューマン:献呈 Op. 25-1/蓮の花 Op. 25-7/レクイエム Op.90-7
W. A. モーツァルト:すみれ K476/夕べの想い K523/静けさがほほえみながら K152/
          ピアノ・ソナタ 第15番 ハ長調 K545(ソナタのみハープ・ソロ)
F. メンデルスゾーン:初すみれ Op. 19a-2/ズライカ Op. 34-4/月 Op. 86-5/
          歌の翼に Op. 34-2/春の歌 Op. 47-3

********** 休憩 **********

R. シュトラウス:ときめく心 Op. 29-2/サフラン Op. 10-7/
        ああ恋人よ、ぼくは今お別れしなければならない Op. 21-3/
        わが子に Op. 37-3/星 Op. 69-1/明日 Op. 27-4/セレナーデ Op. 17-2
フォーレ:即興曲 第3番 変イ長調 Op. 34(ハープ・ソロ)
ベッリーニ:オペラ「カプレーティとモンテッキ」より ああ幾度か
プッチーニ:オペラ「ジャンニ・スキッキ」より 私のいとしいお父様

プロフィール

(c)Felix Broede

モイツァ・エルトマン(ソプラノ)

トーンの美しさと非の打ち所のない芸術性により、批評家から賞賛され、聴衆に愛されるソプラノ。ニューヨークのメトロポリタン歌劇場、マドリッド・レアル劇場、ザルツブルク音楽祭、フランクフルト・アルテ・オーパー、アムステルダム・コンセルトヘボウ、バーデン・バーデン祝祭劇場など、世界有数の舞台で公演している。多彩なレパートリーを持つ彼女は、現代音楽作品の歌い手としても人気を博し、武満徹《マイ・ウェイ・オブ・ライフ》世界初演や、リームのモノドラマ《プロセルピナ》のタイトルロールなどを歌った他、ベルリン国立歌劇場でバレンボイム指揮の下に《ルル》のタイトルロールでデビューを果たし、大成功を収めた。2011/12シーズンには、《ジークフリート》の森の小鳥、および新演出の《ドン・ジョヴァンニ》のツェルリーナで、ニューヨークのメトロポリタン・オペラにデビューした。2012/13シーズンには、《フィガロの結婚》のスザンナ、13/14シーズンにはリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》主役として同劇場に再登場する。さらに、ゾフィー役ではウィーン国立歌劇場にも再出演するなど、益々活動の幅を拡げている。ドイツ・グラモフォンと専属契約を結んでおり、モーツァルトと彼の同時代の作曲家のアリアを集めたソロ・アルバム「モーツァルト・ガーデン」他をリリースしている。

公式ホームページ http://www.mojcaerdmann.com


(c)Felix Broede

グザヴィエ・ドゥ・メストレ(ハープ)

グザヴィエ・ドゥ・メストレは、オーケストラで演奏される作品の数々を見事なアレンジで披露し、楽器の可能性を新たにする創造性を持つ演奏家として高い評価を得ている。ガッティ、ムーティ、プレヴィン、ラトルなど優れた指揮者の下、主要なオーケストラと共演をしている。そして、ザルツブルク音楽祭、ウィーン芸術週間、ヴェルビェ音楽祭などヨーロッパの主要な音楽祭に出演。室内楽の分野では、ダムラウ、エルトマン、ミュラー=ショットらと共演している。2013-14年のオーケストラとの共演におけるハイライトは、アカデミー・オブ・セントマーティン・イン・ザ・フィールズとの長期ツアー、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、バーゼル室内管弦楽団、及びパリ管弦楽団とのペンデレツキの新しい協奏曲の世界初演がある。デュオとしてはダムラウと共に、グラーフェネック音楽祭、ミュンヘン・オペラ・フェスティバル、ロンドンのウィグモア・ホールに出演する。フランスのトゥーロンに生まれ、9歳からハープを学ぶ。パリでジャクリーヌ・ボローとカテリーヌ・ミシェルに師事。1998年、世界で最も権威あるUSA国際ハープ・コンクールで優勝。直ちにフランスの音楽家として初めてウィーン・フィルのソロ・ハーピストに就任、10年夏まで務めた。01年よりハンブルク音楽大学教授。ジュリアード音楽院、トリニティ音楽院で定期的にマスタークラスを行う。

公式ホームページ http://www.xavierdemaistre.com