ojihall


Concert  コンサート情報

銀座ぶらっとコンサート #196
中木健二 “ロマンティックが止まらない5” ~バスク~ラテン~

2024年711日(木) 13:30開演
全席指定 3,500

画像をクリックして拡大

中木健二(チェロ)
徳永真一郎(ギター)

協賛:株式会社ヨックモック

平日の昼下がり、銀座でのお買い物のついでに、お友達との銀ぶらの途中に立ち寄れる気軽なコンサート、『銀座ぶらっとコンサート』第196回。チェロの中木健二がロマン派の音楽をたっぷりお届けするシリーズ“ロマンティックが止まらない”の5回目。ロマンティックな感性が合いそうなギターの徳永真一郎を迎えて、夏のバカンスを前にスペインへの旅心を誘う情熱のラテン音楽をお届けします。
プログラム

ラヴェル/大萩:亡き王女のためのパヴァーヌ
ラヴェル:ハバネラ形式の小品

カサド
  :親愛なる言葉
  :無伴奏チェロ組曲(チェロ・ソロ)
  :サルダーナ・キジアーナ(ギター・ソロ)
  :カタルーニャ伝説(ギター・ソロ)
  :カタラネスカ(ギター・ソロ)

ファリャ:スペイン民謡組曲

プロフィール
(c)塩澤秀樹

中木健二(チェロ)

愛知県岡崎市出身。東京藝術大学を経て2003年渡仏、パリ国立高等音楽院、ベルン芸術大学の両校を首席で卒業。05年ルトスワフスキ国際チェロ・コンクール第1位、08年Note et Bien国際フランス音楽コンクール・グランプリなど、受賞多数。10年より14年までフランス国立ボルドー・アキテーヌ管の首席奏者を務めると共に、リサイタル、オーケストラとの共演、音楽祭出演など幅広い演奏活動を行う。帰国後はソリストとして活躍するほか、14年にアンサンブル「天下統一」(ヴァイオリン:長原幸太、ヴィオラ:鈴木康浩)を結成し定期的に演奏活動を行うなど、室内楽にも情熱を注いでいる。これまで共演したアーティストにはアッカルド、ジュランナ、メネセス、チュマチェンコ、イヴァルディが含まれる。これまでに「J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲」(「レコード芸術」誌・特選盤)他のCDをリリース。紀尾井ホール室内管弦楽団メンバー。東京藝術大学音楽学部准教授。第11回名古屋音楽ペンクラブ賞受賞。使用楽器はNPO法人イエロー・エンジェルより貸与されている1700年製ヨーゼフ・グァルネリ。Thomastik Infeld社契約アーティスト。

(c)Tohru Yuasa

徳永真一郎(ギター)

徳島県出身。9 歳からギターを学ぶ。ストラスブール地方⾳楽院を経てパリ国立高等音楽院にて研鑽を積む。同音楽院を満場一致の首席で修了。これまでにギターを川竹道夫、アレクシス・ムズラキス(デュオ・メリス)、ローラン・ディアンス、ジュディカエル・ペロワに、古楽・リュートを今村泰典に師事。また、キジアーナ音楽院のオスカー・ギリアのクラスにて最優秀ディプロマを取得。2008 年ナクソス国際ギターコンクール第3位、10 年オルシュティン国際ギターコンクール第1位及びグランプリ。18 年ヴェリア国際ギターコンクールのコンチェルト部門にて第2位入賞。17 年、マドリッドのソフィア王妃芸術センターにて指揮ジョルディ・フランセスのアンサンブル・ソニド・エクストレモと共演し、作曲家・松宮圭太の《ギターとアンサンブルのための小協奏曲》の世界初演のソリストを務める。全国各地でオーケスラとの共演、リサイタルや室内楽に出演のほか、映画『マチネの終わりに』の撮影協力にも携わる。タレガ・ギターカルテットのメンバーとしても活動している。デビュー・アルバム『テリュール』は平成30 年文化庁芸術祭で優秀賞を受賞した。平成30 年度よんでん芸術文化奨励賞受賞。令和5年度阿波文化創造賞受賞。