ojihall

Loading

Topics  トピックス

王子ホールマガジン 連載
ぶらっとの顔 Vol.2 

宮田 大

王子ホールマガジン Vol.44 より

毎回ご好評をいただいているランチタイム・シリーズ、「銀座ぶらっとコンサート」。歌手や作曲家、器楽奏者など様々なアーティストがホストとなってシリーズを展開していますが、そのなかでも一番若いのがこの人。とはいえ初めて王子ホールの舞台で演奏したのはもう8年も前のことなので、やはりお馴染みの「顔」としてご紹介してもよいでしょう――

宮田 大(チェロ)

1986年宇都宮生まれ。音楽教師の両親のもと3歳よりチェロを始める。9歳より出場するコンクールすべてに第1位入賞を果たし、2009年には第9回ロストロポーヴィチ国際チェロコンクールで日本人として初優勝。10年に第20回出光音楽賞、12年にホテルオークラ音楽賞を受賞。桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースを首席で卒業し、09年にジュネーヴ音楽院卒業、13年6月にクロンベルク・アカデミー修了。日本を代表する多くの演奏家と共演し、国内外の音楽祭への参加やソロ活動も活発。11年にアルバム「FIRST」をリリース。マスメディアへの露出も多く、現在最も注目を集めている若手チェリストといえる。

オフィシャルサイト: http://daimiyata.com

Q 初めて王子ホールに登場したのは2006年9月のMAROワールド Vol.5 “ドヴォルザーク”の回でした。当時はまだ大学に通い始めたぐらいだったかと思いますが、その後も何度かMAROワールドに出演し、まろ(篠崎史紀)さんのムチャ振りにも見事に応えていました。「ぶらっとコンサート」で『大ism』シリーズをお願いすることになったのは2011年からですね。

宮田 大(以下「宮田」) 星野プロデューサーに「シリーズをやらないか」と声をかけていただいた時点で、すでにやりたいことはたくさんありました。王子ホールは細かなニュアンスまでちゃんと伝えられる空間なので、この先もいろいろなアイディアを実現していきたいです。

Q これまではたとえばまろさんが中心にいて、それに応えていけばよかったわけですけれど、『大ism』は自分がホストとなって展開しなければなりません。勝手が違って戸惑ったことなどありましたか?

宮田 確かにペースをつかむのは難しかったですね。でもある部分で、『失敗しても大丈夫かな』という気持ちで臨みました(笑)。トークで多少つまづいたとしても、最終的にしっかり演奏して、音楽をお届けできればいいという意識だったんです。

Q では最初からわりとのびのびやれたと?

宮田 そうですね。たぶんもともとそういう性格なんでしょうね(笑)。Vol.1のいちむじんのお二人をはじめ、共演者がトークの達者な方たちなので助かりました。演奏する曲についての補足をしつつ、聴いていらっしゃる皆さんの肩がほぐれるような内容のトークを心がけています。

Q プログラムも毎回工夫をこらしていますが、『産みの苦しみ』はありますか?

宮田 通常のリサイタル形式であれば一番ラクなのでしょうけど、どうしても王子ホールでしかできないプログラムを作りたい。そうなるとアイディアを煮詰めていくのに時間が必要だし、楽譜になっていない作品を弾こうとする場合などは、新たにオリジナルの編曲をする必要が出てきたりします。そうやって準備に時間をかけていると、いつの間にかプログラム決定の期限が迫っていたりして……ご迷惑をおかけしています(笑)。

Q 『大ism』はこれまで5回にわたってやってきましたけれど、振り返ってみていかがですか?

宮田 毎回違った楽器と共演することで、自分の中でチェロの音色を拡げられるような、新しいアイディアを得られますね。今回(2014年2月)はピアノの田村 響さんとの共演でしたが、ファジル・サイの作品では内部奏法が出てきました。そこでまた新しいピアノの音に触れることができて、勉強になりました。三浦一馬さんとの共演も印象に残っています。バンドネオンは横から音が出てくるんですけど、横に並んで座っていると片側の音しか聴こえないんですね。だから合わせるのが大変でキツかった(笑)。けれども楽器同士の相性は意外といいな、とも感じました。

Q この先についてはいかがですか?

宮田 たとえば、マリオネットやコンテンポラリー・ダンスと無伴奏チェロと組み合わせてみたりとか……ということをいろいろと考えています。

Q ダンスなどの公演に足を運ぶことは多いんですか?

宮田 音楽以外にもいろいろな舞台を観ています。そのうえでたとえばタップダンスや和太鼓などは、チェロと合わせるのは難しそうだなと感じたり……将来的にどういった方と共演するかはまだ未知数ですけれど、共演することで自分の音のボキャブラリーが増えていくようにしたいですね。

(文・構成:柴田泰正 写真:横田敦史 協力:国際音楽交流研究所)

【公演情報】
銀座ぶらっとコンサート#94
宮田 大 “大ism” Vol.6
2015年2月4日(水) 13:30開演(13:00開場) 
全席指定 2,800円
出演:宮田 大(チェロ) 他

>>ページトップに戻る