ojihall


Concert  コンサート情報

ジャン=ギアン・ケラス&アレクサンドル・タロー

2019年1127日(水) 19:00開演

全席指定 7,500

完売
画像をクリックして拡大

ジャン=ギアン・ケラス(チェロ)
アレクサンドル・タロー(ピアノ)

お互いに音楽的パートナーとして最適、と認め合うケラスとタローが8年ぶり3度目のデュオで帰ってきます。ヨーロッパでは近年でも盛んに共演を重ねている刺激的な2人のトップ・ソリスト同士。先ずはご挨拶代わりのドビュッシーに始まり、怒涛のブラームスの世界へ。ソナタ2曲をたっぷりとお聴かせした後は極上のハンガリー舞曲を楽しんで頂こうという、実力伯仲、丁々発止の掛け合いになること間違いなし! ご期待ください。

プログラム

ドビュッシー:チェロ・ソナタ
ブラームス:チェロ・ソナタ 第2番 ヘ長調 Op.99

 

********** 休憩 **********

 

ブラームス:チェロ・ソナタ 第1番 ホ短調 Op.38
ブラームス/ケラス&タロー編:ハンガリー舞曲集より 第1番、第4番、第11番、第2番、第14番、第5番

プロフィール
(c)Marco Borggreve

ジャン=ギアン・ケラス(チェロ)

モントリオール生まれ。リヨン国立高等音楽院、フライブルク音楽大学、ジュリアード音楽院でチェロを学ぶ。1990年より2001年までアンサンブル・アンテルコンタンポランのソロ・チェロ奏者を務め、02年にはグレン・グールド賞を受賞したブーレーズの選考により、傑出して有望な若手芸術家に対して贈られるグレン・グールド・プロテジェ賞を受賞。レパートリーはバロックから現代まで多岐にわたり、ウィーン楽友協会、コンセルトヘボウ、ウィグモアホール、カーネギーホール等、欧米の著名コンサートホールの多くでリサイタルを行っている。また、フィルハーモニア管、パリ管、チューリッヒ・トーンハレ管、スイス・ロマンド管、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、BBC響、フィラデルフィア管、N響、都響、読響をはじめとするオーケストラ、F.ブリュッヘン、J.ビエロフラーヴェク、L.スラットキン、Y.ネゼ=セガン、R.ノリントン、F-X.ロトを含む指揮者と共演。これまでに、ドヴォルザーク、エルガー等のチェロ協奏曲、バッハおよびブリテンの無伴奏チェロ組曲、ベートーヴェンおよびシューマン作品シリーズ(ピアノ:A.メルニコフ、ヴァイオリン:I.ファウスト)、ブラームス:チェロ・ソナタ(ピアノ:A.タロー)をはじめとするCDを多数リリース、数々の賞を受賞。演奏楽器は1696年ジョフレド・カッパ製(メセナ・ミュジカル・ソシエテ・ジェネラルより貸与)。

(c)Marco Borggreve

アレクサンドル・タロー(ピアノ)

ヨーロッパを代表するピアニストのひとりとして、プログラムに冒険的なアプローチを取り入れ楽壇に新風を吹き込んでいる。昔の偉大な作曲家の作品に現代の作曲家の作品を組み合わせて構成した「ラモーへのオマージュ」「クープランへのオマージュ」や、ポピュラーソングに発想を得た「ピアノソング」などのプログラムがあり、それらを通して多くの作品を初演してきた。同時に、協奏曲の世界初演も数多く行っている。オーケストラとの共演も豊富で、リヨン国立管、フランス国立管等のフランスの主要オーケストラをはじめ、ロンドン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、RAI国立交響楽団、バイエルン放響、フランクフルト放響、チューリッヒ・トーンハレ管等と共演。近年では、ケルン・フィルハーモニー、ロンドン・サウスバンク・センター国際ピアノ・シリーズ、パリのシャンゼリゼ劇場並びにシテ・ドゥ・ラ・ムジーク、アムステルダム・コンセルトヘボウ、ワシントンDCのジョン・F・ケネディ・センター、ウィーン楽友協会、東京サントリーホールなどで演奏している。また、エクサン・プロヴァンス、ジャコバン・ピアノ・フェスティバル、ラ・ロック・ダンテロン、エディンバラ国際音楽祭、BBCプロムス、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン、ルール・ピアノ・フェスティバルなどの音楽祭にも参加している。CDも多数リリースしており、モーツァルト、J.S.バッハ、スカルラッティ、ラモー、ラヴェルなどの作品はいずれも高く評価されている。