コンサート情報


銀座ぶらっとコンサート #116
北川 翔 ばららいかるてっと

完売
2016年9月24日(土)

2016年1215日(木) 13:30開演

全席指定 2,800

北川 翔(バラライカ)
大田智美(アコーディオン)
城戸英行(コントラバス・バラライカ)
岡山晃久(パーカッション)

協賛:株式会社ヨックモック

平日の昼下がり、銀座でのお買い物のついでに、お友達との銀ぶらの途中に立ち寄れる気軽なコンサート、『銀座ぶらっとコンサート』。第116回は、バラライカ奏者の北川 翔が再登場します。三代にわたるロシア音楽の継承者であり、日本人で初めて「国際ロシア民族楽器コンクール」に優勝した超絶技巧派。今回はカルテット編成でロシア音楽を中心にお届けします。
プログラム

ロシア民謡:おぉ、白樺
ヴェラ・ゴロドフスカヤ:カリンカ変奏曲
モーリス・ジャール:「ドクトル・ジバゴ」より ララのテーマ

プロフィール

北川 翔(バラライカ)

ロシア民謡研究家であった北川剛を祖父に、バラライカ奏者であった北川つとむを父に持ち、幼少よりロシアの音楽に親しむ。日本人初の「国際ロシア民族楽器コンクール優勝」を成し遂げ、ロシア国立ラフマニノフ記念ロストフ音楽院留学から帰国。テレビ朝日「徹子の部屋」、NHK「名曲探偵アマデウス」など、TV、ラジオ、新聞等にたびたび登場し、日本でのロシア民族楽器普及の為、幅広く活動している。2009年、北川記念ロシア民族楽器オーケストラを創立。世界から注目を浴びる新進気鋭のバラライカ奏者。指揮者編曲者としても活躍中。

大田智美(アコーディオン)

2009年フォルクヴァンク音楽大学ソリストコースを首席で卒業、ドイツ国家演奏家資格を取得、御喜美江に師事。帰国後は国内外各地で演奏活動を行い、特にクラシックや現代音楽の分野での楽器の普及に尽力している。

城戸英行(コントラバス・バラライカ)

神奈川県逗子市出身。ヤマハ音楽院にてエレクトリックベース、武蔵野音楽大学にてコントラバスを学ぶ。北川記念ロシア民族楽器オーケストラにて、ロシア民族楽器であるコントラバス・バラライカ奏者としても活動している。


岡山晃久(パーカッション)

ドラムスを古澤良治郎に師事。幼少より、音楽に触れる環境の中で育ちジャズを中心に、ジャンルに囚われず、様々な方面で現在も活動中。 数多くのセッションで培われた瞬発力や創造力には定評のあるドラマーである。