ojihall

Loading

Concert  コンサート情報

宮田 大 “大ism” Vol.7
~5チェロs~

2016年115日(金) 19:00開演

全席指定 5,000

完売
2015年9月26(土)

宮田 大(チェロ)
髙木慶太(チェロ)
上野通明(チェロ)
森田啓佑(チェロ)
水野優也(チェロ)

早くから頭角を現し数々の国際コンクールを制覇しながら、時流に流されず、風向きを自分で定めてしっかりと歩んでいるチェロ界の若手ホープ、宮田 大のシリーズ“大ism” 第7回。過去6回をお昼のティータイム・コンサート「銀座ぶらっと」でおおくりしてきましたが、いよいよ新たな道を歩み始めます。今回は、気心と呼吸もぴったりなチェロ仲間と5本のチェロで奏でるプログラム。「今の僕らにしかできない音楽を届けたい!」と語る眼差しは、真っ直ぐで潔い彼の音楽と重なります。やっぱり宮田 大から目が離せません。

プログラム

フォーレ:パヴァーヌ Op.50
ポッパー:演奏会用ポロネーズ Op.14
パッヘルベル:シャコンヌ
ビゼー:カルメン幻想曲
ジョンゲン:4本のチェロのための2つの小品 Op.89

********* 休憩 **********

バーバー:弦楽のためのアダージョ Op.11
サン=サーンス:チェロ協奏曲 第1番
ブルッフ:コル・ニドライ

プロフィール

宮田 大(チェロ)

栃木県宇都宮市出身。音楽教師の両親のもと3歳よりチェロを始める。幼少よりその才能は注目をあつめ、出場するすべてのコンクールに第1位入賞する。第9回ロストロポーヴィチ国際チェロコンクール(パリ)で日本人として初優勝。桐朋学園音楽部門特待生、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースを首席で卒業。2009年にジュネーヴ音楽院卒業、13年にクロンベルク・アカデミー修了。チェロを倉田澄子、フランス・ヘルメルソンに師事。2時間音楽ドキュメント、「小澤征爾さんと音楽で語った日~チェリスト・宮田 大・25歳~」(芸術祭参加作品)が放送され話題をよんだ。CDは「Dai First」、「宮田 大/チェロ一會集」~Rencontre~をリリースしている。1698年製ストラディヴァリウス“Cholmondeley”を上野製薬株式会社から貸与されている。

オフィシャルサイト:http://daimiyata.com 

髙木慶太(チェロ)

1982年北海道生まれ。6才よりチェロを始める。桐朋女子高等学校音楽科(共学)及び桐朋学園大学卒業。同大学院大学を経て2007 年春ロームミュージックファンデーションの奨学金を得てベルリン芸術大学に留学、現在に至る。 第74回日本音楽コンクール・チェロ部門第2位入賞。01年いしかわミュージックアカデミーにてIMA賞受賞。第1回旭川・ウィーン国際弦楽セミナーにて優秀賞を受賞。ドイツ、ベルリンで開催されたドミニコ・ガブリエリチェロコンクールにて3位入賞。 これまでにアスペン音楽祭、ザルツブルク音楽祭、宮崎国際音楽祭の他、サイトウ・キネン「若い人のための室内楽勉強会」、小澤征爾音楽塾、プロジェクト Q・第2章などに参加。第106回日演連新人演奏会において札幌交響楽団と、大学院大学在学中に桐朋オーケストラ・アカデミーと共演。室内楽においては、「JTが育てるアンサンブルシリーズ」、(財)地域創造アウトリーチ活動の他、クァルテット・ヒムヌスのメンバーとして定期的に演奏会を行う。ドイツより帰国後、北海道、東京のコンサートホールでチェロリサイタルを開催。チェロを上原与四郎、毛利伯郎、岩崎 洸、マルクス・ニコシュに師事。読売日本交響楽団チェロ奏者。

上野通明(チェロ)

パラグアイ生まれ。13歳で第6回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール、日本人初の優勝。第6回ルーマニア国際音楽コンクール最年少第1位、ルーマニア大使館賞、ルーマニアラジオ局賞を併せて受賞、翌年ルーマニア各地で5回の連続演奏会に出演。第10回東京音楽コンクール弦楽部門第2位。2014年第21回ヨハネス・ブラームス国際コンクールチェロ部門第1位。これまでに新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、ロシア交響楽団他、国内外のオーケストラと多数共演。テレビ朝日「題名のない音楽会」、NHKBS「クラシック倶楽部」、NHKFM「リサイタル・ノヴァ」等に出演。
岩谷時子音楽文化振興財団より第1回Foundation for Youth、第6回 岩谷時子賞 奨励賞 受賞。宗次エンジェル基金、ロームミュージックファンデーション、第44回 江副記念財団奨学生。現在桐朋学園大学音楽学部ソリストディプロマコース特待生。馬場省一、イニアキ・エチェパレ、毛利伯郎に師事。

森田啓佑(チェロ)

埼玉県出身。3才より佐藤 明の下でチェロを始める。2007年第7回泉の森ジュニアチェロコンクール小学生の部にて最年少で金賞を受賞。13年桐朋女子高等学校音楽科に特待生として入学。14年第68回全日本学生音楽コンクール1位、同年第83回日本音楽コンクール1位、あわせて徳永賞、黒柳賞、岩谷賞(聴衆賞)も受賞。これまでに東京フィルハーモニー交響楽団との共演をはじめ、NHK大阪ホール「クラシック大好き~N響メンバーと新進演奏家の出会い」、横須賀芸術劇場「フレッシュ・アーティスツfromヨコスカ」、白寿ホール「向山佳絵子&長谷川陽子プロデュースチェロ・コレクション」、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」等へ出演。倉田澄子、常光 聡、宮田 大、諸田由里子に師事。宗次エンジェル基金/日本演奏連盟奨学生。

水野優也(チェロ)

6歳よりチェロを始める。第67回全日本学生音楽コンクールチェロ部門高校の部第2位。第83回日本音楽コンクールチェロ部門第3位。2013・14・15年度桐朋学園大学音楽学部チェロアンサンブル・サイトウ奨学生。室内楽にも積極的に取り組み、桐朋学園室内楽演奏会、桐朋学園音楽部門作曲科による「作品展」、日本ブラームス協会「フレッシュコンサート」、プロジェクトQ 等に出演。チェロを河地正美、常光聡、倉田澄子の各氏に師事。室内楽を原田幸一郎、北本秀樹、磯村和英、毛利伯郎、漆原啓子、山崎伸子に師事。桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)3年在学中。