ojihall

Loading

Concert  コンサート情報

銀座ぶらっとコンサート #103
Cafe イスタンブール

2015年114日(水) 13:30開演

全席指定 2,800

完売
2015年6月27日(土)

加藤昌則(作曲/ピアノ)
北村 聡(バンドネオン)
西嶋 徹(コントラバス)
住谷美帆(サクソフォン)

協賛:株式会社ヨックモック

平日の昼下がり、銀座でのお買い物のついでに、お友達との銀ぶらの途中に立ち寄れる気軽なコンサート、『銀座ぶらっとコンサート』第103回は、音楽と縁が深い異国の街のカフェを舞台にするCafeシリーズの18回目。アジアとヨーロッパ、2つの大陸に跨るイスタンブールが舞台です。この東西の文化が混在する街に触発された作曲家たちが書いたトルコ風音楽をバンドネオン、サックス、ベース、ピアノの四重奏で民族色たっぷりにご紹介します。
プログラム
加藤昌則:カフェ・イスタンブールのテーマ
モーツァルト:オペラ「後宮の誘拐」より 序曲
ミヒャエリス:トルコの巡邏兵
カンテミール:トルコ古典音楽
加藤昌則:ターキッシュ・マウス
モーツァルト/ベートーヴェン/加藤昌則:「スーパートルコ行進曲」
プロフィール

加藤昌則(ピアノ/作曲)

東京芸術大学作曲科首席卒業、同大学大学院修了。2005年「スロヴァキアン・ラプソディ〜サクソフォンとオーケストラのための〜」はスロヴァキア・フィル東京サントリーホール公演で初演、09年ブラチスラヴァで再演、世界的サックス奏者須川展也のCDにも収録(金 聖響指揮、東京交響楽団)。06年オペラ「ヤマタノオロチ」、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の委嘱作品「刻の里標石(ときのマイルストーン)」、12年≪福島復興・復活オペラプロジェクト≫作品「白虎」(第11回佐川吉男音楽賞受賞)、13年初演の管弦楽曲「Legends in the Sky」、14年連作歌曲「二本の木」はじめ、作品はオペラ、管弦楽、声楽、合唱曲など幅広く、作品に新しい息吹を吹き込む創意あふれる編曲にも定評がある。村治佳織、山形由美、宮本益光、奥村 愛など多くのソリストに楽曲提供をしており、共演ピアニストとしても評価が高い。独自の視点、切り口で企画する公演や講座などのプロデュース力にも注目を集めている。NHK−FM等での作品の放送終了後、リスナーからの問い合わせが多数寄せられるなど、いわゆる「現代音楽」とは全く異なる視点で書かれた、美しく斬新な抒情性に満ちた作品は、多くの愛好者を持ち、楽譜も多く出版されている。次代を担う作曲家として注目を集めている。

ホームページ http://www.masanori-music.com

北村 聡(バンドネオン)

1979年生まれ。関西大学在学中にバンドネオンに出会い、小松亮太に師事。アルゼンチンではフリオ・パネのレッスンを受ける。2003年レオポルド・フェデリコのジャパンツアーに参加。07年バルパライソ世界タンゴサミット、またミゲル・バルベーロ・セステートのメンバーとしてモントリオール国際タンゴフェスティバルに出演。10年オルケスタ・アウロラでブエノスアイレス、モンテビデオのタンゴフェスティバルに出演、成功を収める。11年元ピアソラ五重奏団ピアニスト、パブロ・シーグレルのアジアチームに選抜される。12年ピアソラ没後20年記念公演「ブエノスアイレスの四季」でフェスティバルオーケストラの一員として演奏。14年東京オペラシティB→Cに出演、好評を得る。これまでに、鈴木理恵子、店村真積、須川展也、鈴木大介、大萩康司、菊地成孔、川井郁子、夏木マリ、中島ノブユキ、畠山美由紀、EGO-WRAPPIN'、カルロス・アギーレ、ビクトル・ラバジェン、いずみシンフォニエッタ大阪、仙台フィル等と共演。NHK「龍馬伝」、「カーネーション」、「八重の桜」、映画「人間失格」「そこのみにて光輝く」はじめ様々なレコーディングに参加、美しい音色と繊細な表現には定評がある。現在オルケスタ・アウロラ、クアトロシエントス、パブロ・シーグレルTJTE、喜多直毅クアルテット、西塔祐三&オルケスタティピカ・パンパ等で活動中。


(c)Shigeto Imura

西嶋 徹(コントラバス)

1973年東京生まれ。5歳よりバイオリンを始め、高校の頃エレキベースを手にする。日本大学工学部を卒業後、コントラバスに転向。1999年からJazztronikやDJ須永辰緒のレコーディングに参加。2000年より小松亮太、葉加瀬太郎等のサポート等を行う。ヴァイオリンの会田桃子率いるクアトロシエントスのメンバーとして、ライブ、レコーディングに参加。2004年新澤健一郎率いる”Nervio”に加入。ピアノの林正樹とともに、アルバム”passage”をリリース。他にも、インストグループの”森”や、ピアノトリオ”west/rock/woods”、林 正樹”STEWMAHN”のメンバーとしての活動も。これまでに上妻宏光、中 孝介、綾戸智恵、小野リサ、カルメンマキ、木住野佳子、小松亮太、榊原大、中島美嘉、葉加瀬太郎、長谷川きよし、古澤 巌、Pablo Zieglerなどのツアーやレコーディングに参加。

住谷美帆(サクソフォン)

1995年茨城県生まれ、13歳よりサクソフォーンを始める。第22回クラシック音楽コンクール全国大会 サクソフォーン部門 第1位受賞。入賞者披露演奏会にてトマジ作曲「サクソフォーン協奏曲」(橋本久喜指揮 入賞者オーケストラ)を演奏。第17回全日本高校生管打楽器ソロコンテスト第2位受賞。第15回ジュニア・サクソフォンコンクール第1位受賞。第15回日本ジュニア管打楽器コンクール 金賞受賞。第31回日本管打楽器コンクール4位入選。これまでにサクソフォーンを須川展也、鶴飼奈民に、室内楽を有村純親に師事。2014年度よりヤマハ音楽奨学生。現在、東京藝術大学2年在学中。