ojihall

Loading

Concert  コンサート情報

銀座ぶらっとコンサート #100
平田耕治
~タンゴ四重奏~

2015年826日(水) 13:30開演

全席指定 2,800 

完売
2015年4月25日(土)

平田耕治(バンドネオン)
那須亜紀子(ヴァイオリン)
田中伸司(ベース)
須藤信一郎(ピアノ)

協賛:株式会社ヨックモック

平日の昼下がり、銀座でのお買い物のついでに、お友達との銀ぶらの途中に立ち寄れる気軽なコンサート、『銀座ぶらっとコンサート』が第100回を迎えます。この記念すべきステージに登場するのはバンドネオンの鬼才、平田耕治と凄腕の仲間たち。アルゼンチンが認める本場仕込みの腕前、抜群のリズム感、情熱と哀愁を孕む音色が必ずやあなたの心を掴みます!

プログラム

ロドリゲス:ラ・クンパルシータ
ガーデ:ジェラシー
スカルピーノ&カルダレージャ:パリのカナロ
ピアソラ:カランブレ
他予定

プロフィール

平田耕治(バンドネオン)

横浜市出身。逗子開成中・高等学校卒業。洗足学園音楽大学・音楽音響デザインコース・作曲専攻卒業。13歳でバンドネオンを始める。16歳で単身ブエノスアイレスに渡り、故カルロス・ラサリ宅に住込みで師事。翌年からネストル・マルコーニ、他にも併せて師事。その後、日本では岡本 昭、西塔祐三など日本の往年のマエストロに薫陶を受ける。2005年、秋山和慶の指揮により洗足学園前田ホールにて「ピアソラ:バンドネオン協奏曲」を演奏。07年、日本人バンドネオン奏者として初めてブエノスアイレス市立エスクエラ・デ・タンゴのオーディションに合格、入団。08年には、ブエノスアイレスの有名タンゴショーレストラン【ラ・べンターナ/La Ventana】と、日本人としては異例の専属契約を結び、半年間毎晩出演。09年、エスクエラ・デ・タンゴを卒業。これまでに、フランス、カナダ、ウルグアイ、韓国、シンガポール、タイに招かれ演奏。海外でも高い評価を受けている。06年にアルゼンチンで結成した【CAMBAtango】は、これまでにブエノスアイレスの数々の歴史ある劇場で演奏。エルナン・ベロン監督のドキュメンタリー映画「El tango de mi vida/私の人生におけるタンゴ」にも出演。09年の初来日ツアーでは、札幌コンサートホールKitara、東京芸術劇場、大阪シンフォニーホール、福岡シンフォニーホール等でコンサートを開催し、総動員1万人超を記録した。10年には、カンバタンゴ楽団がアルゼンチン政府公認の海外派遣グループ(年に1グループのみ)に選ばれ、動員15万人を超すポルトガルのフェスティバル、フェスタ・ド・アバンテに出演。ポルトガルのほか、イタリア、スペインでもコンサートを開催するなど、ヨーロッパ・ツアーで成功を収め、帰国後アルゼンチン大統領官邸にも招かれた。11年、13年にも日本ツアーを開催。14年9月外国人としては異例の2度目のアルゼンチン外務省の後援を受けニューヨーク公演。14年11月「東アジア文化都市2014横浜」中国公演等、海外でも高い評価を受けている。日本国内では、自身のグループを率いて積極的に演奏活動を行い、様々なフィールドで活躍中。日本のみならず、海外からも注目を集めている期待のバンドネオン奏者である。

http://www.hiratakoji.com

那須亜紀子(ヴァイオリン)

熊本県出身。洗足学園音楽大学・同大学院弦楽器専攻を首席で卒業。大学在学中、前田記念奨学金、明治安田クオリティーオブライフ文化財団奨学金を併せて授与される。秋山和慶・原田幸一郎指揮によるオーケストラと協奏曲を共演。また『東アジア文化都市2014』の日本代表アーティストとして中国の泉州市でも演奏する。これまでにヴァイオリンを広瀬大喜、鶴 和美、石井志都子、永峰高志に、ヴィオラを岡田伸夫に、室内楽を木越 洋、原 善伸、岡田伸夫に、06年より安永 徹、市野あゆみに師事。現在、洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団首席奏者を務める傍ら多岐にわたる演奏活動、バンドネオン奏者の平田耕治と共に日本各地でタンゴ演奏も行っている。2012年より『ちちぶ国際音楽祭』共演指導者を務めるなど近年は後進の指導にも力を注いでいる。

田中伸司(Contrabass)

国立音楽大楽卒業。1982年より演奏活動を開始、その後スタジオミュージシャンとして数多くの録音/公演等の音楽制作に参加。一方、志賀 清、藤沢嵐子の演奏に感銘しアルゼンチンタンゴに傾倒、度々渡亜し名手H.カバルコスに師事。2011年カンバタンゴの日本ツアーに参加。日本を代表するタンゴのコントラバス奏者である。

須藤信一郎(ピアノ)

6歳よりピアノを始める。国立音楽大学ピアノ科卒業。An Music ジャズピアノ科卒業。ピアノを稲川ミチ、進藤郁子、欠田芳憲に師事。大学在学中にアコーディオン奏者の山岡秀明に出逢い感銘を受け、popular、Jazz等の音楽を始める。卒業後、銀座のピアノバーや、アルゼンチンタンゴの老舗、六本木カンデラリアでハウスピアニストを経て、本格的にアルゼンチンタンゴのピアニストとし活動を始める。2002年、東京ディズニーランドの専属音楽家として契約する。現在はタンゴにとどまらずボーダーレスピアニストとして幅広い音楽をこなし、数々のレコーディングに参加。都内を中心に全国各地でライブやコンサートを行っている。