コンサート情報

銀座ぶらっとコンサート #86
お昼の名曲サロン Vol.11 ~やす vs 強者4人組~

完売
2014年2月22日(土)

2014年630日(月) 13:30開演

全席指定 2,500

鈴木康浩(ヴィオラ)
ウェールズ弦楽四重奏団
 崎谷直人(第1ヴァイオリン)
 三原久遠(第2ヴァイオリン)
 横溝耕一(ヴィオラ)
 富岡廉太郎(チェロ)

協賛:株式会社ヨックモック

平日の昼下がり、銀座でのお買い物のついでに、お友達との銀ぶらの途中に立ち寄れる気軽なコンサート、『銀座ぶらっとコンサート』第86回は、「MAROワールド」でおなじみの若手弦楽器奏者が室内楽を楽しんで頂くシリーズの11回目。ヴィオラの”やす”こと鈴木康浩と若手カルテットの旗手、ウェールズ弦楽四重奏団の一騎打ち。ブラームス、モーツァルトの五重奏を熱くお届けします!
プログラム
モーツァルト: 弦楽五重奏曲 第3番 ハ長調 K515
ブラームス: 弦楽五重奏曲 第2番 ト長調 Op.111

 

プロフィール

鈴木康浩(ヴィオラ)

5歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科(共学)を経て桐朋学園大学卒業。卒業後ヴィオラに転向。読売新聞社新人演奏会出演。第47回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部第1位。第9回クラシックコンクール全国大会ヴィオラ部門第2位(1位なし)。第2回淡路島しずかホールヴィオラコンクール第2位。第12回宝塚ヴェガコンクール弦楽部門第1位。2001年よりドイツのカラヤン・アカデミーで研鑽を積んだ後ベルリン・フィルの契約団員となり、04年秋帰国。現在読売交響楽団ソロ・ヴィオラ奏者を務めている。

ウェールズ弦楽四重奏団

桐朋学園の学生により2006年に結成。軽井沢八月祭、宮崎国際音楽祭、東京・春・音楽祭、プロジェクトQ他、国内の多数の演奏会、音楽祭に参加。また、南仏BONNIEUX音楽祭、ドイツWESTWEG現代音楽シリーズ、ドイツBEUGGEN城でのコンサートへの出演など、ヨーロッパでも活動の場を広げている。
08年第57回ミュンヘンARD国際音楽コンクールにて第3位、日本人の団体として東京クヮルテット以来38年ぶりの入賞を果たす。09年日本音楽財団の協力で王子ホールにてデビュー。10年ボザール・トリオの創設者メナヘム・プレスラーと共演、京都青山音楽賞受賞。11年バーゼル・オーケストラ協会(BOG)コンクールにて"ex aequo"賞受賞、第7回大阪国際室内楽コンクール弦楽四重奏部門第3位。バーゼル交響楽団と共演(ハルトマン:室内協奏曲)。12年ドイツ・シュヴェツィンゲン音楽祭に出演、またその模様が南西ドイツ放送(SWR)ラジオにて放送される。 これまで、桐朋学園にて原田幸一郎、東京クヮルテットに、バーゼル音楽院にてライナー・シュミット(ハーゲン・クァルテット)に師事。 08、10、11年度、松尾学術振興財団より助成を受ける。

崎谷直人(第1ヴァイオリン)

1987年生まれ。ケルン音大、パリ音楽院、桐朋学園ソリストディプロマを経て、バーゼル音楽院修了。ノボシビルスク国際コンクール1位、メニューイン国際コンクール3位。東京フィル、京都市響、神奈川フィル、バーゼル響、ノボシビルスク・フィル等と共演。また、東京フィル、九州響、読売日響などにゲスト首席、コンマスに招かれる。宮崎国際音楽祭、軽井沢八月祭、王子ホールMAROカンパニー、シュヴェツィンゲンSWR等、国内外の演奏会に出演。原田幸一郎、ジェラール・プーレ、ロラン・ドガレイユ、ダニエル・ゼペックに師事。2006年ウェールズ弦楽四重奏団を結成。2014年より神奈川フィル第一コンサートマスターに就任。

三原久遠(第2ヴァイオリン)

1989年生まれ。桐朋学園大学を経て、バーゼル音楽院修了。プロジェクトQ、小澤征爾音楽塾、若い人のための「サイトウ・キネン室内楽勉強会」に参加。イヴリー・ギトリス、コリヤ・ブラッハー、ダニエル・ゲーデのマスタークラスを受講。神奈川フィルのゲスト首席奏者をはじめ、オーケストラの公演に出演。ヴァイオリンを青木晶央、茂木佳子、澤 和樹、木野雅之、藤原浜雄、室内楽を東京クヮルテット、原田幸一郎、今井信子、原田禎夫、毛利伯郎、指揮を高関 健に師事。09年ウェールズ弦楽四重奏団に加入。

横溝耕一(ヴィオラ)

1986年生まれ。桐朋学園大学卒業。第58回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部入選。2006年ウェールズ弦楽四重奏団を結成し、ビオラ奏者として09年まで活動。学内における室内楽試験を首席で修了。宮崎国際音楽祭、サイトウ・キネン・フェスティバル松本等に参加。これまでにヴァイオリンを小川有紀子、小森谷巧、堀正文、徳永二男に、室内楽を徳永二男、毛利伯郎、原田幸一郎、東京クヮルテットに師事。現在NHK交響楽団ヴァイオリン奏者。13年ウェールズ弦楽四重奏団に復帰。

富岡廉太郎(チェロ)

1986年生まれ。9歳よりチェロを始める。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学を経て、バーゼル音楽院修了。札幌ジュニアチェロコンクール特別奨励賞。いしかわミュージックアカデミーIMA音楽賞受賞。若い人のための「サイトウ・キネン室内楽勉強会」、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト、プロジェクトQ等に参加。オーケストラの客演首席奏者の活動を始めとし、多数のコンサート、音楽祭に出演。上原与四郎、毛利伯郎に師事。2006年ウェールズ弦楽四重奏団を結成。